知っておけば、トイレが詰まった際に即座に対応できるようになるであろう情報のまとめ。

ティッシュが原因でトイレ詰まりになったらどうしたらいい?

トイレの水道管周りをチェックする業者の男性

ティッシュが原因でトイレ詰まりになったらお湯かパイプクリーナーを使って直しましょう

ティッシュが原因でトイレ詰まりになったらお湯で流してしまいましょう

トイレットペーパーを切らしてしまったなどの理由で、ティッシュをお尻ふきのペーパーとして使ってしまうと、それが原因でトイレ詰まりが起こることがあります。

そうなってしまった場合、どうすれば詰まりを解決できるのでしょうか。この場合、もっとも有効なのは排水管のなかで身動きがとれないティッシュペーパーを溶かしてしまうことです。

トイレットペーパーはトイレ用なので、水に流せば自然に溶けますが、ティッシュペーパーは水に流しても溶けることがありません。

なので、ティッシュペーパーを水に流してしまうと、それが原因で詰まってしまうのです。こうなると、お湯を使ってティッシュペーパーを溶かすしかありません。

厳密に言えば、お湯を使ってもティッシュがトイレットペーパーのように溶けることはないのですが、お湯でペーパーが温まるとふにゃふにゃになるので、水の勢いで流すことができるようになります。

だから、ティッシュが原因でトイレが詰まったら、熱すぎない程度の(45度から50度ほどの)お湯をかけて、ティッシュを流してしまうとよいでしょう。

お湯を流してもうまくいかないなら他の方法を試しましょう

お湯を使ってもティッシュがうまく流れてくれない場合、排水管の中から強引にティッシュを出す必要があります。その時に役に立つのが、ラバーカップとパイプクリーナーです。(パイプクリーナーは洗剤の方ではなく器具の方です)

この2つのうち、パイプクリーナーの方が異物を吸い上げる力が強いので、パイプクリーナーがあるならこちらを使うべきですが、家にないならラバーカップでも構いません。

どちらの器具も、トイレの奥に密着させて異物を吸い出す器具なので、異物がティッシュであろうが携帯電話であろうが、吸い上げることが出来ます。

何度も吸い上げていると、そのうち異物が出てきて、トイレ詰まりが解消されますので、これらの器具を使って詰まりを解消したいなら、根気よくやっていきましょう。

コメントは利用できません。

カテゴリー

アーカイブ